2009年03月20日

「○○ちゃんを救う会」って多いですね。

中々SSが書けないので、またもや適当な雑記で誤魔化してみる。
で、今回は『何故か良く聞く』、「○○ちゃんを救う会」について。



まず前提として、私個人の妄想と考えで書いてます。
実際は違う可能性が大なのでその辺ご了承の程を。
……むしろ違っていてくれた方が嬉しい。



ぶっちゃけ、そう言うビジネスになっているのではなかろうかコレ。
移植が必要な子供を見つけて来ては騒ぎ立て、移植費用と言って
莫大なお金を集めようとするビジネス。

無論、それで移植が成功している人も居るだろうし、助かっている
命もあるかと思う。
だが、それでも幾つか考えたりする事もある訳で。

・なんで日本で移植しないの?
単純に適合者が居ないのも理由の一つ。
それとは別に日本では供給が少ない事の方が理由の割合としては
大きいかと。
……だからって他国の供給を奪っていいのだろうか?
臓器余ってるなら言わないが、そんな訳無いだろう……。

・費用集めてる内に子供が無くなった場合、そのお金の行き先は?
今まで『返還しました』『他の必要なお子さんに渡しました』
なんて話を聞いた事が無い。
ならば、集まっていたお金は何処に消えたのか?
……何処かの懐に消えているんでしょうね。

・小さい子が移植手術なんかに耐えられるの?
ぶっちゃけ、成功より失敗の方が確率高いんだよね……どう考えても。
まあそれでも手術したいってのが親心だから、コレに関しては
何とも言えないけれど……。

・両親は募金に訴える前に出来る事を全部したのか?
『会社辞めて付き添ってます』なんてブログに書かれていたのを
見た事があったけど……じゃあどうやって生活してたのか。
勿論寄付のお金でしょうね。
……戯けた事ぬかしてるんじゃねえ。お前が居たところで
緊急時には何の役にも立たんわ。それならまだ真面目に働いて稼いで
一日でも早くお金貯めろよ、と思った私は間違いなのかなぁ……。
大抵、この手の両親はのんびり生活してるパターン多いからなぁ…。



実際子供は病気だし、親も真剣なんだろうけど……。
上の考えがあるので、未だに私はこの手には募金した事無いです。
実際関東に居た頃に街頭で言われた事あったけど。

『不透明すぎる募金には協力出来ません。』

って思いっきりぶった切ったからなぁ……。
せめてお金の動きだけでも透明にしてくれればまだ納得行くんだが。
……できない理由があるのかなぁ。
posted by 男爵 at 00:16| 群馬 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115921960
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。